この度はご縁を賜り、誠にありがとうございます。 当店の作品についてのご案内です。


当店では、特別こだわりはございませんが、初めてのお方には当店作品の特徴を
ご理解頂いた上でお付き合い願えればと思っております。 どうぞご一読下さいませ。



 無垢(ムク)材とは

 ・森林から伐採した状態の一本の木から取れた木材(一枚板)
 ・合板(接着剤などで張り合わせた木材)などの人工的に加工されていない木材


杢(モク)・瘤(コブ)とは

 ・強風や寒暖差などの厳しい自然条件の影響により、木の繊維が複雑に交錯し、
  ゆっくりと生長した部分に、細かな美しい木目(木理)、いわゆる”杢”と呼ばれる
  部分が生じる。
 ・「瘤・こぶ」は、前述の厳しい自然条件や虫害などにより、木の表面にできる塊の
  ことで、詳しい発生原因は定かではないが、美しい木目(木理)が見られる。

    『杢』 について詳しくは、府中家具協同組合様の木材図鑑を御覧下さい。




 当店花台の特徴
 
 
 ◇当店花台は扱いがちょっぴり面倒です◇
   前述の無垢材のなかでも希少な杢・瘤の部位を使用して花台に仕上げてます。
   このような素材は、木の繊維が均一ではないため、ひずみ(反り)が生じやすい
   という性質があり、十分に乾燥させてもなかなか安定しません。
   この様な難点がございますことをご理解いただき、お取り扱いにはご注意くださ
   いますようお願い致しております。 [後述の管理方法]

   しかしながら、このような素材だからこそ成し得るすばらしい杢模様が魅力的で
   あります。 希少な天然素材には、心癒される木のぬくもりが感じられます。
   どうぞ当店花台、末永くご愛用頂きたく願っております。


 ◇当店花台は水分が苦手です◇
   木工製品の良さは、良く言われる「木のぬくもり」にあると思います。
   お客様には、天然木の良さをできるだけ感じて頂きたいと、仕上げにはこだわり、
   長年試行錯誤を重ねてまいりました。
   そのため、塗装にはかなりの手間がかかっております。
   当店花台は、ウレタン塗装で仕上げておりますが、ちょっぴり水分が苦手です。
   水分が付着したままですと花台表面に痕(ムラ)が残ってしまう点、ご注意頂い
   ております。 どうぞご了承下さい。


 お手入れ方法


  花台の表面に付着したホコリ・汚れのお手入れは、「荏油」(えあぶら)がおすすめです。
  この荏油を少し布に染み込ませ、汚れをふき取るように軽く磨いて頂ければ、美しさを
  取り戻します。

  荏油については【こちら】(太田油脂株式会社さんのHP)を御覧下さい。



 管理方法


  花台にひずみ(反り)が生じる原因のひとつとして、表裏の湿度の差が考えられます。
  この、ひずみ(反り)をできるだけ防止するため、直射日光が当たる場所や、高温多湿
  となる場所(冷暖房に直接さらされるような場所)は避けて頂けますと、花台もこころ休
  まると思います。
   
  残念にもひずみ(反り)が生じてしまった場合は、裏返して(できれば重しを載せて)
  数日安静にして頂ければ元に戻るかと思います。
  
  なお、もし修正が必要でしたら、工賃は無料で対処させて頂いております。 
  (恐れ入りますが、送料分はご負担下さい。)






Copyright (C) hidasankoudou.com All Rights Reserved.   Page Top ▲

ホームページ テンプレート フリー

Design by